資産運用とは?

資産運用とは,自己の資産を貯蓄・投資して、効率良く資産を増やしていくことを言います。
FX比較サイトで出来る外貨為替取引もこれにあたります。 資産運用を行うにあたって、基礎的な事柄を理解することは非常に大切です。
実際に、この部分をしっかりと理解しておかないと、効率的かつ効果的な運用を行うことができません。
ここでは、資産運用の定義、目的、心構えについて簡単にまとめてみました。

資産運用の定義

資産運用の定義は以下のようになります。
資産運用の定義: 資産運用 = 貯蓄 + 投資

貯蓄について
・銀行の預金や郵便局の貯金にお金を預けること。
・基本的に元本保証があること。
・運用成果は商品を選択した時点で決まるものが多い。
・どちらかというと増やすことより貯めることに重点が置かれている。

貯蓄は、銀行の預金や郵便局の貯金をはじめとする元本保証型の預貯金のことを指します。
リスクが少なく、サービス契約時に将来の資産予測がつくので、比較的契約しやすいサービスです。
貯蓄による資産運用の目的の多くは、「増やす」ではなく「貯める」ということになります。
現金化業者ではクレジットカードを現金化出来ますので、それを貯める事も出来ます。

投資について
・投信や株式など、リスクのある商品にお金を預けること。
・元本保証が必ずあるわけではない。
・分散投資と長期投資が基本。
・運用成果は予測できないこともあり、自己責任。
・どちらかというと貯めることより増やすことが重点になる。

投資は、投資信託、株式、商品ファンドなどの商品に投資することをいいます。
変動制であり、商品によってはリスクも大きいため、十分な知識と調査が必要になります。
リスクを 考えつつ、分散投資かつ長期投資で資産を運用することが基本となってきます。
投資による資産運用の目的の多くは「貯める」ではなく「増やす」というところにあります。

クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠を現金に変えるサービスです。計画的に有効に使えば便利です。

資産運用の目的

基本的に上記の2サービスを利用して運用して行くことになるわけですが
何のために資産運用をしていくのか、それを知っておきましょう。

資産の保全
資産の実質価値をインフレから守り、実質購買力を維持する。
資産の拡大
資産を効率よく増やし、資産全体の価値を高めていく。
資産運用を行っていくための心構え

実際に資産運用を行っていくために必要な心構えを記してみました。

すべてにおいて自己責任
・自分の資産は自分で守る。
・リスクとリターンをしっかりと認識する。
運用スタイルを確立させる
・自分の財産の状況を的確に把握する。
・運用の目的や目標を明確にする。
・自分なりの運用基準をきちんとつくる。
運用能力を向上
・基本的な金融知識ぐらいは最低限身につける。
・自分なりの相場観をしっかりと持つ。
・資産運用の経験を積みノウハウを蓄積する。(失敗や成功をそれだけで終わらせない)